FC2ブログ
 言ってるあなたたちが邪魔。
 被災地で炊き出しのごちそうになったり、車を沈ませたりで、まったく邪魔者では?
 6時間くらい動画でなくてもいいのでは?

 それから、新聞も夕刊停止しては?


 受信料も停止減免だよね?
スポンサーサイト
 現在進行中の出来事ななで、簡潔に。

新千歳空港が閉鎖されているため、旭川空港では羽田空港との間に臨時便が発着している。
 6日はJALとANA(ADO)グループが各1往復。7日はJALが2往復運航。


停電は徐々に復旧するも、東鷹栖や末広などの一部の地区では未了(午前11時現在)。私の関与する事業所は自宅待機を指示。明日土曜日の振替出勤をも指示。


かつて胆振支庁職員として、厚真町や安平町(早来町と追分町)にかかわった身としては、今回の事態は慙愧に堪えない。







地域振興だけではなく、世界的な革命になるAIの発達。
北海道大学大学院の山本雅人教授を主たる講師に迎え、AIのセミナーを実施した。

仕事がなくなるかもという心配に、時代とともに仕事の質は変わるのであまり気にしないほうが良いとの回答。そのとおり。


むしろ、悪意をもった人間の支配が心配。国際学会では共産主義国家の学者が4割を占めるそうで、学者そのものよりも、自由と民主主義を標榜しない国家に懸念を抱いた。

旭川のような中規模都市であれば、自分の意思決定と実行力が鍵。

今回は、懇談相手に旭川大学の浅沼大樹准教授と、デザイナーの那須日奈子氏を迎えた。
さらに、旭川工業高校情報技術科の発表とソプラノ歌手・小林優希氏の歌唱も堪能できた。

研究者ではないが、脳を活性化することは地域の活性化に役立てるものと思う。


9月3日は、北海道議会議員の東国幹氏と旭川・上川の将来像について議論する会。会員内の例会として実が大きくなれば良いと思う。
11月11日に投開票が行われる旭川市長選挙に、今津寛介氏が立候補を表明した。

庁舎建設白紙、病院の経営改善、公立大学推進。庁舎建設反対とは共産党も(おそらく)びっくりである。

自由民主党の衆議院議員秘書経験を活かし、国や道のパイプ役を担うという。
パイプではなく、旗振り号令する役なの、市長は。

何をしたいのかわからず、真意を問いたい。
例えば、防衛予算を獲得して、スタルヒンドーム(防災避難施設を兼ねる)をつくるとか、市立病院をやめて市庁舎をそこにもっていって財源をつくるとか考えられないのだろうか?


 8月1日に札幌で元官僚の方の経済に関するセミナーを聴きに行った。当会にも少々のご縁があってのことである。

 北海道の歴史をふまえた現状認識と将来の展望・アクションについてお話をいただいたが、アクションの基軸となる事務方の体制がこれからのようで、ふわふわ話となってしまった。質問のしようがないと思った。

 東京をばかりを見ずに地域のブランド化を推し進めることと、地域の異業種が連帯することは賛同できるが、外国に対しての向き合い方があいまいで、土地を買いあさっていたり、事業進出する外資企業に対する注意深さが物足りなかった。

 「1企業の利益、地域の利益、国益「」が3つそろって豊かな国であり続けられるのである。この会合、酒を酌み交わすにはもう少し情報収集する必要があるとみてすぐに帰ったのである。