熊本空港の所在地がある益城町を中心として大きな地震があった。
津波はなさそうだが、家屋の損壊などはいくつかあるようで。大変な思いをされているひとも多く、だんだん明らかになるだろう。
スポンサーサイト
大阪市の住民投票は反対多数となった。
岩盤はなかなか崩せない。

議論をし、結果を示した大阪市民に敬意を表す。
父の形見ともいうべき時計をはめたのだが、電池切れ?なのか止まっていた!

MC河口浩美が、「そろそろ行きますか」と舞台監督とやりとりをしていたので、ハッと気が付いた。

主催者挨拶。

ゆっくりと考えながらオールアドリブでこのような内容を話した。
主催者の概要と活動。
この事業の目的(20周年、芸術振興によるまちづくり)
演目の概要(クリスマスに因むもの)

そして「お体に留意され、新年を迎えてください」


常識はつくりあげるもので、前例という常識は踏襲しないというのが私の考え。会場の雰囲気をとらえ、やんわりとした話し方でまとめる。
30秒で終わる粋な挨拶も考えたが、あまりにも格好良すぎて気障(小園遊か!)になるのと、遅れてやってくる人がいるかもしれないことを考え、長めの時間をとったのである。(事情を知らない家内からはブーイングをうけた!)




個人演説会の出席者が1人、或いは数人の状況。
農村地帯ではなく市街地でのこと。
月刊雑誌の記事による。協力がプラスではなくマイナス作用を起こしていたようだ。
バンざーい、なしよ。
叶えられなかったあの人は今何をしているだろうか。この業界の仕事をしたいならば、スキルの
磨き直しだろう。月刊雑誌は彼と支援者のオウンゴール記事を克明に伝えていた。