FC2ブログ
このたび東京証券取引所第1部上場が決定したネット広告会社リプケンスの村上太一社長は25歳。
求人広告を成功報酬でもらうという誰もがやっていなかった、また大手ができなかったビジネスであっと言う間に上場へ到達したというから快挙である。営業マンは40名弱の従業員のうち二人しかいないというからずば抜けているというしかない。

さて、成功報酬で国を変えられるか?

財政再建。国土防衛と領土返還。
世界平和。この3つ。政治家以上にビジネスマンができれば革命ものである。チャレンジの価値はある。

ゴルゴ13くらか。えっ?
スポンサーサイト



一国の平和は、多数の他国との関係によって保たれる
日本国憲法第9条というお題目は竹槍防衛みたいなもの。だめではないが精神論だけで何の役にも立たない。

武器を持って戦うという性急な事の前に、たくさんの切り札を磨いて準備しておくべき。
自分の子にも「いいがかりにカッカせず、間合いと気迫、そして捻り手で追い払うもの」と諭す。
勉強も大事、実践も大事。

自分たちのビジネスや生き方も世界を見渡して決めていかなければじり貧になるばかり。
大人こそ冷静に勉強と実践。

中心街が廃墟になる以前に、この国が成り立たなくなる。

だから新しいビジネスはどんどん受け入れて、力をつけていくべき。大変だけど。