FC2ブログ
あべ国防軍総司令官の子分役(うっかり八兵衛)を自薦したくてたまらない、Iせんせーに敬礼!

I上彰ばりのジョークとご理解を。



スカしっ屁みたいな冷やかしに失笑か。


スポンサーサイト



総選挙で勝ったほうに注目が集まるのが世の常だが、大逆風でも自分があればちゃんと勝利するのものとして記しておきたい。(この場合小選挙区での当選を指す)

来年3月に失効する「金融円滑化法」の立案者、亀井静香氏。彼の蛮勇ぶり(官僚サイドからみて)は当時のマスゴミや経済学者と称する連中の非難を浴びたが、この3年間自殺を考えた多くの人を救ったことは高く評価していい。
次期政権でも同じ流れで動いているでしょう!

マスゴミはちゃんと報道しないが、小沢一郎氏の復興支援も評価すべきものである。岩手県の復旧は宮城県に比べて素早かったのは{総合事務所}として動いていたからである。実態も聞いている。
手柄を言うのは野暮なのであって、人格破壊攻撃をあれだけされても全くめげないのは凄いことである。現役最長不倒の15回連続当選。

風雪にまみれても生き残れるチカラ。これも教訓。

いわずと知れた総選挙。

漁夫の利の自民党と公明党。「団結と連携」が身に余りすぎる勝利の要因。笑顔が少なかったでしょ。

対する方は別れた切ったで仲違い。
自分勝手に執行したツケが回って大惨敗。会社法人の運営にも教訓になる。

元の仲間も喧嘩両成敗にあう。
挽回は可能。失敗は良薬。


当会副会長の安住太伸氏は、5万弱の票を得て善戦。何処へいくのかな。

当会副会長の堀直視氏の{そっくりさん}は、胆振日高で予定どおりの勝利。表情が思い切り暗かったけど。
その証拠なのか自分が抜けたあとの道議補欠選では後継者が敗北。人物と日頃の活動なんだと思う。