久しぶりに地元のラジオ局に出演した。
「森田仁のまだタイトル未定です」という夜10時からの番組。
彼とは7年にもなる。前会長が「面倒をみろ!」といったので、地元での自立営業を支えていたことがあった。

余裕がないときにはいろいろ不義理しかできなかった彼も、「人生わらしべ長者」のごとく余裕がでてきたようだ。
彼の努力が殆どだろうが、きっかけは創造と改革。好みはあるだろうが、人が育っていくさまを見ているのは格別のものがある。

それにしても、こっちが進行役にまわってしまう??受け身体質は(自分に)苦笑いである。
スポンサーサイト
小学二年生の問題。
3かける3は?

正解は9


三人いれば文殊の知恵。その3倍いれば十分。

市議会議員定数は9人でいい、決められる。「住民参加力」をあげればできる。カネを出さずに知恵を出す。審議のプロセスは議員であることが条件ではない。

全国誰もやっていないから価値がある。


何かにでそうな気配。

新幹線並みの軌道であったならば、幹線のほぼ終日運休とはならないであろう。
JRの雪害運休も人海戦術の限界が見えている。
今日の例会で、「地方自治体議員の定数に関する見解」という私的小論文を会員向けに配布します。
私的としたのは、団体としての意見ではないからです。

選挙が近づかないと動かない人たちに一石を投じたいと思います。本日は未定稿(若干字句修正があるので)バージョンです。
10代の器量よしには男女を問わず素直に感心する。

まっすぐに伸びることはまずないが、人生の出だしは好調だね。その調子その調子。

10年以上もセコセコとやっている宝クジ組交流会で。


熱演賞を受けたがるセンセイのレヴェルではなく、私は努力賞かな。
義理で奉仕団体へ入会。
義理でカカオ系菓子をいただく。
義理で○○○を務める。
義理で勉強会にでる。
義理で出席を要請したら出席してくれることになった。


いいと思えば感謝をし、いやだと思っても修行の一環と思う。
生きとし生けるいのちの間。
緑新小学校でPTAの勉強会。長男の高校がそこの連絡協議会のメンバーとのこと。
講演は麻生けんたろう氏。


固い頭を柔らかくする有意義なもの。相手の潜在意識に入り込む(心から)ことはすべて大事だよね。


観光客のなかには舌というか食い意地が張っている方が多数いる。

「海鮮はいまいちね。H市とくらべて」Hはイニシャル、港町。

W市からのかにもそうだが、活きが下がったものや焼き加減がいい加減なものを売るな!

市中価格より割高なのはいいが、残飯商売しないでチョ。
羽幌で現場仕事。
洋物のFF車は好みではないが、圧雪路面にも適切に密着し快走する。

対向車どころかそもそも交通量が少ない霧立峠。アップダウンも連続するカーブもストレスと思うことなく今週3往復。

北海道道名寄遠別線の全面開通が待ち遠しい。
若き日の職場が同じだった、女性の友人の誕生日。お祝いメールを送信する。


きょうも残業とボヤキめーる。50年もなんとか自分で生きていっているだけよかったじゃない。

微笑で「そのうちまたね(飲み会)」とエールを送る。





旭川冬まつり・氷彫刻世界大会開幕。

クリスタルな造形物。いのちは11日までの数日、しかも気温によって刻々と変化する輝き。

同じようでもまったく同じものはない。この期間ぜひ買物公園を散歩してください。


数え7歳の女児の通夜の日に思う。




裏テーマはコンパクトシティ。会場を見れば一目瞭然。創意工夫と切り詰め感が交差する。

坂田利夫氏がオープニングゲスト。ムネオコールは私だけ?

お歴々の方々、司会(間の取り方もわからない素人筋か?)の方、雪のメインステージに並ぶその姿は、白い恋人たちならぬアホの村人たち???のように見えた。

坂田氏もこんなにアホが並んででびっくり!(わかるかいな、そんなこと!!)
全国チェーン病院の道楽息子、標記によりせーむ官を辞任!

24時間医療体制でも治療不可能というか、アホは医者でも治せない。器量かなあ。


なお、山本カントクは健在です。