FC2ブログ
旭川商工会議所では、平成7年4月より日本商工会議所と連動して地域の景況感調査を実施している。
このほど7月の調査(サンプルは旭川市内の会員企業200社中109社)が発表された。

地域DIと呼ばれる指数が調査開始以来はじめてプラス(採算等の好転がプラス、そうでないほうがマイナス)に転じたという。統計数は100を超えているので概ね正しいのであろう。

建設、製造、卸売、小売が10ポイント以上の回復、サービスも1ポイント回復と調査の全業種がすべてプラスとのこと。私の事業所でも面倒なことを毎月頼まれて辟易しているが、よいニュースには違いない。
スポンサーサイト