FC2ブログ
 東旭川にある「小野木」で本物を味わうことをすれば、ファストフードのナゲットがいかにインチキかがわかる。
 父親が好物だったのか、それとも贅沢品としてなのか、よく土産に買ってきてくれた。
 子供のころにいいものを食べた記憶はいつまでも残り、味覚に敏感(?)な現在の食いしん坊生活に現れている。
 
 旭川に定住したいと思ったのも、地物野菜が特に美味しかったからだ。肉や魚は流通で何とかなるが、地物野菜は口にしたとたんに生命力を感じる。チルド冷蔵でも距離と時間が長くなればだめなのねー、だめなのよー(橋達也センセー、決めフレーズつかっちゃいました)。

 食の研究が50年先の課題。また何か思いついてきた。
スポンサーサイト



柏台という東鷹栖の奥にあるところへ行ってみた。田んぼアートのある場所よりも北西にある。

昭和46年の編入合併以前の風景が残っていた。これは貴重。