FC2ブログ
  学校に通っていたころにコーラスに熱中していたので、今回のデュークエイセスの公演を楽しみにしていた。
 11日は深川、12日は沼田である。
 リーダーの谷 道夫さん(芸名だそうです)は、結成当時からのメンバーで5年後にリーダーとなり、現在もバリバリのバリトン声を響かせている。ミニトランペットも吹きこなすのはすごい。少し身体が弱ってきているものの、往年の夢路いとし(漫才)を思わせるボケぶりに味わいがあった。
 サイテー男(声質の話です)の槇野義孝さんは、今年80歳に見えないほど若々しい。
 トップの大須賀ひできさんは、ミュージカルの指導などで空知に縁が深く、準地元の顔役。ずっこけもうまい。
 セカンドの岩田 元さんは40代半ばでデュークに誘われ、まだまだなじみ切っていないが、タップダンスを披露し喝采を浴びていた。

 旭川でもそうだが、ローカルタウンでの興行はなかなか大変である。しかも、年配者が支えている。
 演出の中で、地元の出演者を取り込んで一緒に歌う企画は流石である。大いに勉強になった。
スポンサーサイト