FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ここ3か月くらい大阪にある森友学園をめぐる話題が沸いていた。
 結果、民事再生法申請という一種の経営破たんを招いてしまった。

 新たに事業を取り組むことは重要だが、背伸びしすぎたのではないか。
 身の丈と成長目標は両建てで考えること。わかっちゃいるけど制御することは難しいし、胆力がいる。

 木内和博さんのお別れ会が5月10日に雪の美術館で開かれるそうだ。別れを惜しむのはだれもがそう思ったときに行えばよいが、木内さんは歴史に残る人だと思う。

 石川啄木と比較してもしょうがないが、女にだらしなく、金にだらしない人物が100年の時を超えて評価され続けている。その時代には背伸びしすぎていたのだろうと思う。木内さんが女にだらしないという話は聞いたことはないので念のため。

 御身の明日は全く分からないが、他人の方向性はよくみえるものである。先に応援した旭川ジュニアオーケストラは40人ほど希望者が集まったらしい。「ゆっきりん」効果かなあ?
 いまは土台づくりに邁進してと主宰の助乗慎一氏に助言した。あれもこれもの背伸びはせず、一流の音楽家を育てる環境づくりをしてほしいと。

 
 
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。