FC2ブログ
4月24日、地元の商工会議所の主催で「M&Aセミナー」が開かれたので出席した。

企業の盛衰、事業の継続、雇用対策などでM&Aを活用する事例は格段に増加している。

興味をもっているのは、M&Aの業務そのもの。実はM&A法などというものはなく、税理士、弁護士などを揃えることができれば無資格でできる商売なのである。

多忙で儲かっているM&Aセンターが一番オイシイはず。
きっと心の中で参加者の大半は思ったことだろう。多忙なのを除けば。


後段は事例企業社長に地元のM&Aセンターを開設した税理士が質問形式でおたずねをするコーナー。

事例企業の社長は20年以上もお付き合いがあったので、この対談の前にもお酒を交えた席で伺っていた。


それにしても質問者の税理士氏の無礼さに驚く。企業・社長名をなんども間違っていた。

ヨーロッパの国から勲章もらった(これは本当に偉い)そうだが、燻製の間違いでは?
それと、余技のエレキの練習でもやっていればどう?訊くタイミングといい音感わるし。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック