FC2ブログ
 既に開場の5時には入場者が10人ほど。
 パネリストの準備、そしてアトラクションのレッスンが進み時間が迫る。

 定刻どおりに開会。MCはフリーアナウンサー林ゆかり。
 会長の挨拶のあと、Performer SUGI さんによる太神楽。傘回しにジャグリング。素人離れの技に拍手喝采。

 西川将人・旭川市長の挨拶。

 パネルディスカッションは、画像のプレゼンを駆使して(伊藤さんありがとう!)見やすくわかりやすく解説。

 閉会は、高橋副会長。気の利いた挨拶を少々。

 70人の参加をいただき、感謝。2月12日のデザインシンポジウムへと続く。(行政の主催)
 公開例会で、「旭川デザイン懇談会」を開催する。
 初めてのもの、つかみが理解できないものはとかく排除する傾向があるが、老化が進んでいるか、リスクを偏重していることが多い。
 旭川上川の経営者には
 裸足が日常の習慣の国民に靴を履かせるようなもの。

 学校へ行っている人には
 デザインを知れば、世界を制する。

 そのほか
 デザインが平和力を向上させる。(万能ではないけれども)
 知力体力デザイン力
 自然をバックにデザイン力を開花させる
 家具だけデザインはもったいない。地域全体にいきわたらせて、持続的な発展を目指す。


 あさひかわ創造都市推進協議会の会長、渡辺直行さんと、旭川デザイン協議会の伊藤友一さんにパネリストをお願いし、一部映像表現をしてくださるそうだ。
 コーディネーターは、薄井タカ子副会長。旭川ユネスコ協会副会長、旭川商工会議所議員でもある。エゾメンもそうだ。

 デザインを体現するのは、高校生ジャグラーのSUGIさん。自らイベントをプロデュースした実績もある。

 西川将人旭川市長にも、今回のユネスコ認証についてのご紹介(ご挨拶)をいただく。

 さて、どのくらい関心があるか。初めてのことは水もので、どれほときてくださるかドキドキ、わくわく感がある。




 

 

 1月30日にデザインの実務者をお招きし、デザインを活用したまちづくり、産業振興、教育文化について地域の方と懇談する「旭川デザイン懇談会」を開催します。
近く、アップロードします。
 年末のカウントダウンと年始の番組は制作しません。
 距離をおいて観察をします。
 
 12月の放送は24日終了、1月は7日開始。
 来る12月15日、午後4時から宮下通14の4北彩都あそびーばで、漫才・バンド、ジャグリングや弾き語りなどのメンバーが集まったライブ公演が開かれる。
 入場無料で、高校2年生の男子が呼び掛け資金集めとプロデュース、そして自ら出演をこなすという。10日のラジオで話を聞かせてもらったが、のびのびと活動する姿に感心をした。50人くらいのホールなのでフル参加でなくても様子見に出かけてくだされば幸いである。

 さて、旭川市内の施設は使い勝手に課題がある。体育館などは従来のスポーツがメインで、ジャグリングなどは天井の高さとほどほどの広さが必要なのにスポーツとはみなされていないようで、使わせてもらいにくいようである。

 また、5条と旭川駅の観光情報センターも19時閉館で、夜の活動には難しい。

 有料でも、十分に使える施設が中心部には乏しいのが現状。ちょっとかえれば何とかできそうなのであるが。

 ここは、知恵を働かせてみる必要がありそうだ。