H新聞ほかの購読をやめてすっきりした。生活の見直しを進めることができる。

 それでもライナーネットワークとななかまど、おらが街は配達される。
 久しぶりに旭川へベンチャーズがやってくる。8月2日旭川市民文化会館大ホール。

 それとは無関係に、放送では6日目となるベンチャーズの特集を収録した。解説はベンチャーズファン歴46年の松山不二男氏。

 8月15日火曜日午後6時から1時間の放送です。通常の放送とは違って相槌ときっかけだけの声出しは、お相手のマニアぶりを観察できて実に楽しい。
 自分に自信があって、素直に自己表現できる人は幸福である。

 本日の放送ゲスト、藤田雅さんは音楽家(ピアニストがメイン)、パートナー長谷川よしみさんは片付け空間デザイナー。

 はて、自分はなんだろう。
 本日の1曲目のタイトル「青いゴムぞーり」(バーブ佐竹の唄)。妙なやつだよ。これだろう、きっと。
 さる北海道大手の新聞購読をやめました。
 自社記事の内容の薄さ、公平な内容を逸脱する記事に、おくやみと地域欄を加味してももはや意味なしと判断。

 り〇ーるで読めばいい。北海道ではレアだが、さる全国大手の電子版に切り替えることにする。
 
 地元高級紙はそもそも日刊ではないし、あまりにも高飛車な内容に購読者が少ないので継続。
 内閣の支持率低下の本音はどこにあるか。
 経済政策の誤謬である。

 プレミアムフライデーや子供休暇の実施など、おおよそ全体にまわらない施策は誤りである。
 消費税減税と完全週休2日。子育てと老後環境の充実。そして、祝日の大幅削減。特に増税の影響がとげのように刺さっているのである。

 そういった経済政策の誤謬、全体が冷えているなら比較のしようがないが、一部が潤っている現状では、余計不満を感じるのである。